FAQよくある質問

CONTENTS INDEX内容一覧

DOWNLOAD DOCUMENTS資料ダウンロード

変圧器の参考資料

  • 単巻変圧器の特徴

    1.複巻と同一容量でも、電圧比により小型軽量になる場合があります。
    2.電圧変動率が小さい。

  • 複巻変圧器の特徴

    1.一次巻線と2次巻線が分離している。
    2.静電シールド付トランスは1次巻線との間に薄い銅を巻いてあります。
     静電結合により2次側に発生する移行電圧は低減化される。

  • 設置する環境

    1.標高が1,000M以下。
    2.周囲温度が最低-5度、最高40度の範囲内。
    3.相対湿度が最低45%、最高85%の範囲内。

  • 適用規格

    JISC-5310、6436、JEM-1333(1976)操作用変圧器
    JEC-2200を適用しています。

  • 各種絶縁の許容最高温度

    JEM 1333 操作用変圧器
    温度上昇限度 基準周囲温度の限度40℃
    変圧器の部分 測定方法 耐熱クラス 許容最高温度(℃) 温度上昇限度K
    巻線 抵抗法 A 105 65
    E 120 80
    B 130 90
    JIS C 5310 電子機器用電源変圧器目別通則
    JIS C 6436 電子機器用小形電源変圧器
    温度上昇限度 基準周囲温度の限度40℃
    変圧器の部分 測定方法 耐熱クラス 許容最高温度(℃) 温度上昇限度K
    巻線 抵抗法 A 100 60
    E 115 75
    B 120 80
    F 140 100
    JEC-2200変圧器
    温度上昇限度 基準周囲温度の限度40℃
    変圧器の部分 測定方法 耐熱クラス 許容最高温度(℃) 温度上昇限度K
    巻線 抵抗法 F 155 95
    H 180 120

発注について

弊社では、ご要望に応じ標準品以外のご用命も承っております。

ご注文に際しては、次の事項を確認の上ご指示ください。

項目 注文書記入例
①相数( 単相 or 三相 ) ①単相
②容量( VA ) ②10KVA
③周波数( 50Hz or 60Hz or 50/60Hz ) ③50/60Hz
④一次電圧 ④0、200V、220V
⑤二次電圧 ⑤0、100V、110V
⑥巻線方式(単巻、複巻) ⑥複巻
⑦形状(ケース入り、ケースなし、端子形状等) ⑦ケースなし
⑧その他、特殊な場所で使用される環境 ⑧熱帯地域で使用

絶縁トランスとは、複巻トランスの事です。
 一次コイルと二次コイルが別々に巻かれており、二次側負荷を保護する場合に使用されます。

トランス容量は次の様にして求められます

単相の場合
容量(VA) = 2次電圧(V)×2次電流(A) = (  )VAとなります。
三相の場合
容量(VA) = √3×2次電圧(V)×2次電流(A ) = (  )VAとなります。
三相―単相の場合
容量(VA) = 2次電圧(V)×2次電流(A) = (  )VAとなります。

一次側及び二次側にタップ電圧がある場合は、最も高い電圧で容量の計算をします。
電圧の低いタップ電圧は、低減容量タップになりますのでご注意下さい。

結線図

単相変圧器の結線図

  • 単巻

    複巻と同一容量でも、電圧比により小型軽量になる場合があります。

    電圧変動率が小さい。 

  • 複巻

    回路の一部が第3高調波を環流し吸収するため、ひずみが少なくなります

  • 複巻(1次・2次シールド付)

    静電シールド付トランスは1次巻線との間に薄い 銅を巻いてあります。

    静電結合により2次側に発生する移行電圧は低減化されます。

三相変圧器の結線図

  • Y-Δ(スターデルタ)

    入力側(1次側)と出力側(2次側)の間に30度の位相差があり、入力側(1次側)の線間電圧が相電圧の√3倍となります。

    弊社の標準品はこの結線のシールド付きを、採用しています。

  • Δ-Δ(デルタデルタ)

    回路の一部が第3高調波を環流し吸収するため、ひずみが少なくなります

  • Δ-Y(デルタスター)

    入力側(1次側)と出力側(2次側)の間に30度の位相差が発生し、出力側(2次側)の線間電圧は相電圧の√3倍となります。

三相-単相変圧器の結線図

  • スコット

    2次側の負荷バランスが崩れますと、三相電源の電流は不均衡となります。
    又2次側各相には90°の位相差があるため、シリーズ・パラ結線をして使用することはできません。

  • 逆V

    三相電源の電流バランスが1:2:1となります。

  • 逆V千鳥

    入力三相、出力単相3線式の結線方法三相電源の電流バランスが1:2:1となります。

負荷の仕様におけるトランス容量の参考例

100Vの負荷を使用する場合

単相 一次電圧 200V 二次電圧 100V トランス容量 適合形式
20W蛍光燈器具 1台50VAECL21-50
30W蛍光燈器具 1台70VAECL21-100
40W蛍光燈器具 1台100VAECL21-100
単相 1/8HP 100W モーター300VAECL21-300
単相 1/4HP 200W モーター500VAECL21-500
単相 1/2HP 400W モーター1KVAECL21-1K
単相 1 HP 750W モーター1.5KVAECL21-1.5K
電熱回路(ヒーター等)負荷容量の1.25倍(W) 

220Vの負荷を使用する場合

単相 一次電圧 440V 二次電圧 220V トランス容量 適合形式
三相 1/4HP 200W モーター600VA3YSB-1KE
三相 1/2HP 400W モーター1KVA~1.5KVA3YSB-1.5KE
三相 1HP 750W モーター2KVA~2.5KVA3YSB-3KE
三相 2HP 1.5KW モーター4KVA3YSB-5KE
三相 3HP 2.2KW モーター4.5KVA~5KVA3YSB-5KE
三相 5HP 3.7KW モーター8KVA3YSB-10KE
三相 7.5HP 5.5KW モーター13KVA3YSB-15KE
三相 10HP 7.5KW モーター15KVA3YSB-15KE
三相 15HP 11KW モーター20KVA3YSB-20KE
三相 20HP 15KW モーター25KVA※別注品
三相 25HP 19KW モーター30KVA※別注品
三相 30HP 22KW モーター35KVA※別注品
三相 40HP 30KW モーター45KVA※別注品
三相 50HP 37KW モーター55KVA※別注品

ノーヒューズ遮断器の選定について

トランス容量から見た計算方法

一次側に取り付ける場合

単相(1Φ)変圧器
定格値(A)=変圧器の容量(VA)÷ 一次電圧(V)×2.5
三相(3Φ)変圧器
定格値(A)=変圧器の容量(VA)÷ √3÷ 一次電圧(V)×2
三相(3Φ)ー単相(1Φ)変圧器
定格値(A)=変圧器の容量(VA)÷ √3÷ 一次電圧(V)×2.5

遮断器の種類により異なってきますので遮断器の特性をご確認の上選定して下さい。

大型標準品用推奨ブレーカー

形式 突入電流(A) 220V or 440V 推奨ブレーカー
50Hz 60Hz 極数 AF(アンペアフレーム) 電流(A) 適合型式
ECL21-6K43528525050NF63-SV 2P-50A
ECL21-7.5K540355210060NF125-SV 2P-60A
ECL21-10K795515210075NF125-SV 2P-75A
ECL21-15K11206802125125NF125-SV 2P-125A
ECL21-20K179011002225200NF250-SV 2P-200A
ECL41-6K21018023030NF32-SV 2P-30A
ECL41-7.5K27022025040NF63-SV 2P-40A
ECL41-10K35029025050NF63-SV 2P-50A
ECL42-6K22019023030NF32-SV 2P-30A
ECL42-7.5K27022025040NF63-SV 2P-40A
ECL42-10K35029025050NF63-SV 2P-50A
3YSB-5KE20017033015NF32-SV 3P-15A
3YSB-6KE23019033020NF32-SV 3P-20A
3YSB-7.5KE27023035020NF63-SV 3P-20A
3YSB-10KE37032035030NF63-SV 3P-30A
3YSB-15KE46037035030NF63-SV 3P-30A
3YSB-20KE530440310040NF125-SV 3P-40A
N3YSB-5KE20017033015NF32-SV 3P-15A
N3YSB-6KE23019033020NF32-SV 3P-20A
N3YSB-7.5KE27023035020NF63-SV 3P-20A
N3YSB-10KE37032035030NF63-SV 3P-30A
N3YSB-15KE46037035030NF63-SV 3P-30A
N3YSB-20KE530440310040NF125-SV 3P-40A

(三菱電機製)

電源トランスと回路保護

電源トランスと回路保護

電源トランスがこうむる事故の原因は多岐に亘るため、特定することができない場合が多々あります。事故に遭った電源トランス漏電、高熱、焼損(火災)などの症状を呈し、感電(ヤケド、ケガ)など、危険な状態を伴なうことがあります。

これらを未然に防止する方法として、電源トランスの1次側、 又は2次側に専用の保護回路を設けるのが適策だと思います。 電源トランスは通電初動時において定格電流の数倍から20倍近い突入励磁電流が1/2~1サイクルの間、流れます。安全を目的とした保護回路も、そのたびに不要動作をされては困ります。

その反面通電中に過負荷、 短絡といった異常現象が生じた場合は、 速やかに作動してくれないと事故につながる恐れがでてきます。 このようなフアジー的要素を考慮にいれた保護回路でないと実用上使用することができません。

電源トランスとこれにかかわる回路の保護に適合する素子としてはタイムラグ溶断型電流ヒューズ、 又は時延遮断型(ディレーオフ又はイナーシャルディレー)サーキットブレー力(プロテクタ)などがあります。 2次側に使用する場合は、この他に一般的なものとして普通溶断型が容易に入手することができますので、 これらのいずれかをご使用いただくのが最適だと思います。

呼称はメー力により相違がありますのでご確認の上ご使用ください。

保護回路

1次側の電流ヒューズの定格電流値は次の要領で選定してください。
ヒューズの定格電流値(A)≒定格容量(VA)/1次電圧(V)×1.5
※電流ヒューズはタイムラグ型を表す。

注意
・専用の保護回路は電源トランス個々に設けるもので他の電源トランス又は他の回路を分岐共用しないこと。
・保護素子に速断型、普通溶(遮)断型(2次回路は可)を使用されますと不要動作で不都合が生じます。
・保護回路についてご不明のときは弊社技術部にご連絡ください。

CONTACTお問い合わせ

製品に関するご質問やお見積のご依頼はお問い合わせページからお送りください。
また、お電話の場合は06-6707-3456までお問い合わせください。